宗像市の基本方針

基本方針

『協働・共生、自律』

宗像市では、「協働」、「共生」、「自律」を基本理念として、あらゆる施策を進めるベースに「協働」を位置付けています。

・協働~市民、事業者、大学、NPO、コミュニティと行政が互いに理解・尊重し、連携・協力してまちづくりを進めていきます。

・共生~人、都市、自然が、互いに共存できる豊かな社会を目指していきます。

・自律~自ら考え、責任を持ち主体的に行動する市民とともにまちづくりを行い、地域の自律、まちの自律を実現していきます。

 

第2次宗像市総合計画はこちら >

 

宗像市の条例について

市が目指す“協働”によるまちづくりやそれを進めるための仕組みなどを条例というかたちにまとめたのが、「宗像市市民参画、協働及びコミュニティ活動の推進に関する条例」です。
この条例は、平成16年3月に発足した「宗像市市民参画条例検討審議会」を中心に、出前審議会など、多くの市民の意見を聴きながら、市民と一緒になってつくりました。
前文では、「まちづくりの仕事に主体的にかかわっていくことは私たちの権利であることを確認するとともに、行政や他の市民と力を合わせながら、自分たちが担い手となって取り組もうという宣言です。そのために必要なルールや仕組みをつくろうとする新しい挑戦でもあります。」と、新しい時代のまちづくりについて、市民の宣言と挑戦が謳われています。
条例は、市民参画、協働、コミュニティ活動の推進という3つの柱で構成されています。それぞれ、市民参画=市民(個人)、協働=市民活動団体、コミュニティ活動の推進=コミュニティ運営協議会を主な対象とし、市民一人ひとりがそれぞれの特性等に応じて、まちづくりに関わっていくことを定めています。

条例について

条例の作成過程について